地方の人が都会まで行く風習に「?」を感じる

 

こんにちは、まゆ(@mayu_uesaka)です。

 

 

よくメッセージをいただきます。

「東京でも開催してください!」

 

 

メッセージをいただけるのは、本当にありがたいです。1つ1つきちんと返信します。

 

ですが、「地方の人が東京に行ってあげる」風習に違和感を感じています。

 

 

いつまで地方が東京に”行ってあげる”の?

 

私は、福井という田舎に住んでいます。新幹線が通っていないので、乗り換えをしながら最短でも「福井⇆東京」3時間半はかかります。

 

福井に来るのに、お金も時間もかかるのはわかります。

 

ですが、福井から東京に行くのも同じだけ労力(時間)も手間(お金)もかかります

 

 

「遠いから」という理由で、地方が”行ってあげる”のは、間違っていると思うんです。

 

スポンサーリンク

 

東京の人は地方に”来てもらう”という考えを変えるべき

 

 

なぜ、地方が出向く風習があるのでしょうか?

 

 

東京でも開催してください=「福井に行くほどではない」

ということですよね。

 

 

単純に失礼だと思うんですよね。

メッセージを送ってくださるということは、良かれと思っているのでしょうが。

 

東京>地方という無意識にバカにしている感がすごい・・・。

(メッセージ自体はうれしいですし、ありがたいです。)

 

いいものであれば、新幹線が通っていなくても、3時間以上かかっても、来てくれるはずなんですよね。

実際、東京や関東から来てくださる方もいらっしゃいますし。

 

 

東京だから「来てもらえる」という考え方は、地方民からすると、少しおかしいのかなと思います。

 

 

地方が都会に出向く風習を打ち破りたい

 

福井は、たしかにオシャレなお店が並ぶ街はありません。

東京で当たり前にある有名店がないことは珍しくありません。

(「鳥〇族」「三〇UFJ銀行」などなど)

 

 

ですが、それに負けないくらいの人の良さ、景色、空気、美味しい食べ物、などなど

東京には存在しないものがたくさんあります。

 

 

東京で開催したら、より多くの人に伝えることができるのはわかります。

 

しかし、私にとっては、福井で開催することに意味があるのです。

 

地方にも、素晴らしいものはたくさんあります。

東京にしかないものがあるように、地方にしかないものもあります。

 

地方の良さも感じていただけるように、「東京でも開催してください」は、失礼なんだよ。ということをお伝えしました。

 

思わず使っていないか、今一度見直してみてください。

 

 


 

無料LINE@

週1回起業資料が届く
1対1トークで相談できます

(無料・いつでも解除できます)


※LINEの友達検索から<@din3803o>で登録できます。
”@”は必ずお付け下さい。

 

ブログ内コンテンツ一覧


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください