福井豪雪がなぜここまで被害が大きくなったのか。現状と仕事への考察

 

こんにちは、福井市民、まゆです。

2018年2月6日〜8日にかけて、「福井豪雪」という名前がつくほど、福井では大雪が降り積もりました。

 

(近所の様子)

{FE94EB05-4AB0-4686-B89D-651F56664010}

 

これから、現地で実際に体験して感じたこと、想いをお伝えします。
仕事に就いている方にとって、本当に本当に大事なことです。
 

豪雪の被害に遭った方は、共感しながら。

全然知らないよという方は、もし自分の身に起こったら?と想像しながら、読み進めてみてください。

 

(長文です)

福井豪雪の被害状況

地元の方のツイート👇

 

被害の一部を紹介

 

・8号線では、1500台が立ち往生
・災害認定され、自衛隊が出動
・電車、バスすべて運休
・ごみ収集1週間なし
・学校が1週間休校・私立高校受験延期
・救急車が道を通れなくて亡くなる人も。
・雪の重みで家屋が倒壊した家も。
・物資が届かず、コンビニ、スーパーの棚はすっからかん
・灯油、ガソリンが届かず、ガソリンスタンドが閉店。

 

私が知る範囲でも、これだけあります。

 

 

 

こんな状況の中、’’仕事に行っている人が大変多い’’というのが、福井豪雪の中の一番の被害ではないでしょうか?

 

 

ここからは、現地だからお伝えできる、表に出てこない内容をお伝えします。

 

 

現地だから伝えられる、大雪の裏側

 

 

 

 

 

 

大雪が降って、何が大変って、

こけるとか、こけないとか、そんなレベルではありません。

 

電車、バスが大雪のため線路や道路がすっぽり埋まり、すべて運休なので、職場に行くには、

車で行くか、歩いて行くかの2択です。

(福井の場合、そもそも電車が発達していないので、晴れていても電車通勤はほぼ不可能ですが・・・)

 

 

車で行く場合

 

 

車で行くには、まず玄関から自分の車までの除雪をします。

それから、車の雪を下ろして、車の前の雪かきをして、やっと出られるのです。それでもまだ試練は続きます。

 

 ーーーーーーーーーー


やっと車道に出られても、除雪車が入っていない道路は雪がたくさん積もっているので、その雪に埋まってタイヤが空回りします。自分がなっても最悪ですが、前を進んでいる車が埋まったら、その道は通行不可能になります。

みんなで、スコップで雪を掻き出しながら、車を押します。こうなると、男性でも数人で押さなければ動きません。(アクセルを踏むと同時に車を押すので、仕方ないですが、本当はかなり危険です。)

そんな車が大量発生します。

 

 ーーーーーーーーーー

 

また、主要道路は除雪されていますが、狭い道はほぼ除雪が間に合っていない(または狭すぎて除雪車が入れない)ので、最悪雪かきをしながら進むことになります。やっと主要道路に出られたーと思ったら、渋滞が待っています。

除雪が入っている道でも一車線分は雪で埋まっているので、旧国道でも片側一車線。

 

主要道路しか除雪されていないので、みんな主要道路しか通れず、大渋滞が起こるのです。除雪されていても、雪が積もっていれば、融雪がないところでは滑りますし、スタックや追突事故が起きれば、その車を除けるまでは渋滞が一向に進みません。右折の車がたくさんいれば、右レーンはほぼ進みません。

 

 ーーーーーーーーーー


また、今回の雪では積雪が早く、立ち往生している間にどんどん雪が積もり、車のマフラーを雪が塞いで、一酸化炭素中毒で亡くなった方も何人かいらっしゃいます。

 

渋滞している間は、トイレができません。食べ物もありません。5時間、6時間、長い人は3日間、車で過ごしたのではないでしょうか?

 

歩いて行く場合

 

 

かといって、歩いて通勤するにも、

 

車道の雪は、すべて歩道に積まれます。

歩道には、すでに130cmの積雪がありますので、さらに高く積まれます。そうすると、歩道を歩くことは困難です。

なので、車道を歩きます。

しかし、先ほども言った通り、道は雪で埋もれています。車はまっすぐ走れません。滑ってスピンしてくるかもしれません。

 

 ーーーーーーーーーー

 

ひざまで積もった雪の中歩くことは、普段歩くよりも何倍も何十倍も大変なのです。うっすら積もって凍るだけとはわけが違うのです。

わからない方は、水の中を歩くことを想像してみてください。それぐらい足をとられますし、気を張りますその中を、何時間もかけて歩いていくんです。

 

 

会社に着いた後も雪かき

 

会社に着くと、雪かきが待っています。

みんな家の雪かきもして、会社も雪かきをするんです。ええ、もう疲れてきましたね。

 

 

仕事では、都会の方からの「まだですか?」「納期過ぎてるんですけど」といった心無いクレームもあったと聞いています。

1500台が立ち往生し、食料も届かない町に、誰が納期通りに宅配便を届けてくれるのでしょうか?

 

仕事でクレーム対応が終わると、また何時間もかけて帰宅します。家に着くと、家の雪かきが待っています。夜の雪は凍ってカチカチ。重みも全く違います。

夜が更けると、またいつもより早く出なければ・・・と、5時に起きて、出勤の準備をはじめるのです。

 

 

 ーーーーーーーーーー

 

 

 

こんな状況でも、まだ出勤する人が後を絶ちません。

 

 

みんな、連日の雪かきと何時間もかかる通勤で、精神的にも身体的にも疲労困憊といった様子です。

しかし、雪はまだまだ溶けません。まだ私の家の前には、3mほどの山が積まれており、道路も30cmほどボコボコの状態で残っています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ーーーー(2/9)現在ーーーー

 

1500台の立ち往生は解除されましたが、まだまだ除雪は進んでおらず、道もガタガタで、道にハマっている車が多く、除雪で通行止めからの車がハマって通行止めからの迂回からの通行止めです。

普段なら30分で着くところが4時間かかりました。

 

もちろん、スノータイヤは履いています。11月、遅くても12月には、福井県民はスノータイヤです。家の横では、除雪車がハマっていました。あんなに大きな除雪車でも、腰ほどある雪に埋まるんです。

 

 

全国ニュースでは、こんなことを言われているそうですね👇

 

 

ちなみに、私が1時間必死で雪かきしても、車1台分がやっとでした。

それを1.5kmもやってくださったなんて、現地からしたら、本当にありがたいことです。埋まった車を押すのだって、大人の男の人3人でもキツいですから。

 

ーーーー(2/11)現在ーーーー

電車が一部復旧し、遅延、運休はあるものの、少しずつ回復してきています。

 

しかし、道路は雨による中途半端な雪解けにより、穴ぼこだらけ。スタック(車のタイヤがハマること)している車が多く、あらゆる場所で渋滞しています。

まだまだ除雪が間に合っていない地域もあり、孤立状態が続いているようです。


ガソリンや灯油などを運ぶタンクローリーは、大きすぎて福井市内の道幅が狭い道路を通れない状態。
燃料制限が続いています。
宅配便や郵便は、少しずつ配達が再開されていますが、受付はまだできない状態です。


できるだけ外出を控え、除雪車がスムーズに除雪できる環境を作りましょう。

 

ーーーー(2/12)現在ーーーー

 

除雪車作業中、過労死と見られる男性が発見されています。
本当に、ここまで必死に作業していただいているんだから、市民は家にいるべきです。

なぜ、「遅い」などと叩く人がいるのでしょうか。

▼大雪のことをまとめたツイート
地元の声がわかりやすくまとめられているので、必読。


▼参考記事

大雪の福井県民へ。除雪が進むために私たちができること

 

ーーーー(2/13)現在ーーーー

福井県知事から、異例の企業への操業休止要請がありました。

>県民生活の維持に不可欠なものを除き、できるだけ操業やオフィスの営業を控えていただくようお願いしたいと思います。

 

しかし、実際に操業を休止した企業は少なかったそうです。

 

 

また、県知事からの要請があったにも関わらず、小中学校は全面休校にはならず(休校にするかは各校長判断)、バス通学をしているような学校でも休校にならなかった学校もあったそうです。

そうすると、バスが運行していないため、各家庭での車での送迎をするしかありません。
 県知事の要請と、各市役所、町役場との連携ができていなかったことも、今回の問題として挙がっています。

 

 

大雪の中、出勤した人。ここからよく読んでね。

 

(足跡がついているところが道路)

 

 

なぜ、こんなに細かく大雪のことを伝えたかというと、

現地でしか、実際の様子はわからないんですよ。

 

体験した人にしかわからない。

 

だけど、これから伝えることは、日本に住む全員に当てはまること。

以下の内容を伝えるためには、現状を知らなければ、「ふーん」で、終わってしまいます。だから、細かく細かく、現地の情報を伝えさせていただきました。

 

 

 

大雪というのは、大変危険なんです。

 

おそらく、福井に住む人なら、誰でも知っていることでしょう。

今までの文を読んでくださった方は、雪の降る地域に住んでいなくても、大雪が危険なことがわかったでしょうか。

 

危険なのは、わかってる。「でも、仕事だから行かなきゃ。」

 

 

 

 

 

でもここで考えてみてください。

 

 

 

 

 

あなたの仕事は、本当に1日も休めないのでしょうか?

あなたが突然事故に遭ったら?

あなたが突然亡くなったら?

 

 

 

あなたの会社は潰れるのでしょうか?

 

 

 

 

YESの人は、きっと少ないと思います。

(緊急時に出勤しなければいけない公務員の方や医療関係、ライフライン関係などの仕事は除きます)

 

 

 

 

会社とは、そういう組織です。

誰かがいなくなっても、代わりはいくらでもいるのです。

 

多少のことでは、潰れたりしないのです。

 

 

 

そもそも、こんな災害認定されている中、出勤しろという会社もどうかと思いますが・・・

 

 

 

 

 

無理して仕事に行く人が少なくなれば、

 

家の雪かきが進むでしょう。

渋滞はかなり緩和されるでしょう。

 

そうしたら、救急車が通れたかもしれません。

助かった命もあったかもしれません。

自衛隊の方も出動しなくてよかったかもしれません。

 

 

 

 

そこまでして、仕事に行かなければいけませんか?

 

 

社長が怖いからですか。

他の人の目が怖いからですか。

他にもがんばっている人がいるからですか。

 

 

(追記)こんな提案がありました。

「雪のため」が言いにくいなら、「災害のため欠勤」を使いましょう。

災害は、休むべきなんです。
 

 

いつまでも、この「災害でも、休めないから仕事に行かないと」という世の中でいいんですか。

一人一人が変わらないと、いつまでもこのまま変わりません。

 

 

仕事に行くことも大切ですが、休む選択肢があることを忘れないでください。

会社は、有給を取らせなければいけません。これは会社の’’義務’’です。休みを取れるのは、労働者の’’権利’’です。会社で働く全員に、休む選択肢があるのです。

 

「休ませてくれない」というのは、今の世の中の大多数の意見であって、常識ではありません。
その大多数の意見が正しいわけでもありません。

 

 

 

「休む勇気」を持ちませんか。

 

みんなで、世の中を変えませんか。

 

災害が起こったときのために、「休む選択肢を選べる世の中」にしませんか。

 

 

1人1人が「休む勇気」を。

 

みんなそうしてるから、

仕事に行かなきゃ。

 

 

これは、何も福井だけの問題ではないはずです。

 

もし、地震が起こったら?

もし、津波が来たら?

もし、噴火があったら?

もし、大雪が降ったら?

 

 

災害は、どこでもあり得ることなのです。

 

 

今回は、福井をはじめ、日本海側が被害に遭いましたが、あなたの住んでいる地域でも起こり得ることなのです。福井にもまた起こる可能性はあります。

 

 

災害が起こった時、

本当にその仕事は行かなければいけませんか?

災害時に本当に出勤すべき人・緊急時に出動しなければいけない車のためにも、道を開けてあげませんか?

 

 

災害が起こる前に、考えてみてください。

 

 

私のこのちっぽけなブログですが、

できるだけ多くの人に届くことを願って。

 

 

 

福井豪雪がなぜここまで被害が大きくなったのか。現状と仕事への考察” に対して1件のコメントがあります。

  1. MA より:

    福井市に住んでいる者ですが、素晴らしい意見ですね。
    私は身の安全とガソリンや道路の空間の無駄遣いを感じて大雪の間のおよそ1週間休みました。

    ニュースで災害と騒いでも、大渋滞で全く動かない車の列を見ても、県知事が休業のお願いをしても、遭難で人が死んでも、自分だけは関係ないと思っている人が多いと思います。
    仕事に対する情熱が精神論というか社畜根性極まっていると感じます。

  2. 上坂まゆ より:

    ありがとうございます!
    返信遅くなりました汗

    1週間休むのはすごいですね。
    「自分だけは関係ない」という方は、本当に多いでしょうね。
    実際に、他県ですが災害に遭われた方の話にも「まさか自分が」というコメントをしている方は多いですからね。

    もちろん、対策を打った上でですが、もっと、休んでもいい人はいるんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください