自分とどうしても考え方が違う人と一緒に仕事をする時の心得

Pocket

 

こんにちは、まゆです。

 

私事ですが、昨日

「福井県観光アカデミー」を修了しました!

(*観光について、講義、議論、プレゼンテーションなど全10回の講座を受講)

 

 

所属も年齢も性別も全てバラバラのチームに分かれており、

10回の講義以外にも、チームのメンバーで集まったり、会議したりと、本当に濃い9ヶ月間でした。

 

 

修了証書♡

 

 

「この人とは合うなあ」

「この人とは合わないなあ」

と思うことはありませんか?

 

 

 

私は、普段1人で仕事しているので(お客さんは合う人しか取らない)、あまり感じたことはなかったのですが、

 

今回、チームで活動していて、「考え方」の違いについて、いろいろ考えたことがあったので、シェアします。

 

 

考え方の違いは環境で作られる

 

考え方なんて、すぐ変わるんだなあ。と、子どもを見ていても、クライアントさんを見ていても、誰かと一緒に生活していても、本当に思います。

 

いつ考え方は変わるのか?

 

それは、環境が全てです。

今までの生活では出会わなかったような、自分とは違う考え方に触れることで、自分の考え方も変わる。

 

特に、長い時間一緒にいればいるほど、変化が顕著に表れます。

 

 

働き方によって考え方は変わる

 

今回、チームで活動していて、何度か「違和感」を覚えました。

 

その違和感は、月給か時給か出来高か!

 

小学校の先生をしていた時から感じていましたが、公務員の方は、どれだけサボってても、どれだけ一生懸命働いても、毎月同じ金額が口座に振り込まれます。

 

 

 

だから、効率とか、時間への価値とか、

そういったことにはあまり興味が向きません。

 

フリーランスになると、完全出来高制なので、どれだけ効率よく提供するかが大事になってきます。

 

 

それで、移動時間とか、ツールとかにこだわってしまうんですが。

(なるべくSkypeとかで終わらせたい思いが・・・)

 

 

 

働き方に合わせた考え方を

 

しかし、働き方によっては、効率も大事ですが、他に大事にすべきこともあります

出来高ではないので、より質を求めたり、動く金額が違うので、失敗できなかったり、色々と制約があったり・・・

 

 

「私は効率を求めるから、こうしたいの!」

 

と、以前なら怒っていたかもしれません。

しかし、今回チームで活動して、

 

*いろいろな考え方の人がいていいんだ

*自分と考え方が違って当然

と思えるようになりました。

 

 

ずっと公務員を何年もしている人は、公務員の考え方になるし、会社員をしていれば、会社員の考え方になるし、フリーランスをしていれば、フリーランスの考え方になるし、

 

働き方によって、考え方が変わるのは当たり前だったのです。

 

 

まとめ:考え方が合わない人もいることを前提に

 

考え方が合う・合わないは、働き方(人生)が多様化している今、仕方がないことです。

 

むしろ、いろいろな考え方の人と接することで、自分にはない、新しい価値観も知ることができます。

 

 

「考え方が合わない人もいる」

 

ということを前提で、話をしていくと

意外と上手くいったり、新しい発見ができたりします。

 

 

ぜひ、

「この人と合わないな〜・・・」

と思った時は、

 

「私と違う人生を生きてきたんだな」と新しい考え方に触れてみてくださいね。

 


 

無料LINE@

週1回起業資料が届く
1対1トークで相談できます

(無料・いつでも解除できます)


※LINEの友達検索から<@din3803o>で登録できます。
”@”は必ずお付け下さい。

 

ブログ内コンテンツ一覧


 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください