3つのチェック!これがブログでウケる、ブログモテ女3か条

 

こんにちは、まゆです。

 

福井でも、「ブログで稼ぐのいいね」って言ってくれる人がけっこういます。

やってみたいって人は少ないですが、いないわけではありません。

 

ブログで稼ぐって、

楽しいです。大変です。

やりがいがあります。難しいです。

 

楽しいことも、苦しいことも、どちらもあります。

 

 

どちらも体験して、どんな人がブログで稼ぐのに向いているかまとめました。

ブログで稼いでみたいなーと考えている方は、向いているか・向いていないかチェックしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ブログで稼ぐのに向いていない人

 

1.楽してお金を稼ぎたい人

 

「仕事に行かなくていいから、楽でしょー?」

って気持ちでブログを始めても、待っているのは稼げない現実だけです。

 

 

「楽して稼げる」

と名のつくものは、犯罪一歩手前か、嘘つきだらけなので、気を付けましょう。

 

ブログは、「楽して稼げる」ではなく、「楽しく稼げる」ものです。

自分の得意なことを発信して、それに対して反応がもらえることは、楽しいです。

 

 

2.〇〇さんみたいになりたい人

 

「〇〇さんみたいに豪邸に住んで豪遊したい!」

という人も、向いていません。

 

正直、豪遊している女性はほとんどがハッタリで、旦那さんが稼いでいることも多いそうです。

(*ただし、私の元に入ってきた情報のみの判断なので、真実はご自身でお確かめください。)

 

ブログ始めてすぐ、そんな何百万も稼げないですよ。

始めるだけでも、設定とかありますしね。

 

楽したい人は、そこでリタイアしてしまいます。

 

 

3.マイナス思考すぎる人

 

「自分なんて・・・」

そんな人も向いていません。

 

ブログは、自分を発信していくものです。

人の目を気にしたり、自分に自信がない人は、ちょっと批判されただけでブログを辞めてしまいます。

 

そんな勿体無いことをしないためにも、マイナス思考はほどほどがいいですね。

 

 

ブログで稼ぐのに向いている人

 

1.毎日コツコツ積み上げるのが好きな人

 

ブログで稼ぐ人にとって、

毎日コツコツブログの記事を溜めていったそれが資産になります。

 

ドカンと儲けたい人よりは、

毎日、コツコツ楽しく記事を書いて、いつかお金になったらいいなあ。みたいな人が向いています。

 

そういう人には、信頼の結果としてお金が回ってくるんです。

 

 

2.人のために働きたい人

 

ブログは、自己満足でも発信することが可能です。

そのため、全くお金にならないことも・・・。

 

ブログで稼ごうと思ったら、

「誰か」のために、情報を伝えていく姿勢が必要です。

 

 

必要とされる情報は、お金になります。

 

趣味でブログをしたい人は、

お金を稼ぐというよりは趣味を極める方がいいですね。

 

 

3.適度にマイナス思考の人

 

ブログで稼ぐ人って、すごくポジティブなのかなって印象がありますが、

適度にマイナス思考の人の方が稼ぐのに向いています。

 

 

プラス思考の人は、嫌なことがあっても気にならないので、なかなか改善しません。

しかし、マイナス思考の人は、嫌な出来事を回避しようとするので、だんだん改善されていくのです。

 

ただし、マイナス思考すぎると回避ではなく逃避してしまうので、

適度にマイナス思考の人が向いています。

 

まとめ

 

 

ブログで稼ぐのに向いていない人

1.楽してお金を稼ぎたい人

2.〇〇さんみたいになりたい人

3.マイナス思考すぎる人

 

 

ブログで稼ぐのに向いている人

1.毎日コツコツ積み上げるのが好きな人

2.人のために働きたい人

3.適度にネガティブな人

 

 

 

どちらが多くチェックついたでしょうか?

向いていなかった方は、考え方を変えるか、それ以上に努力するといいですね。

 

最初にもお伝えしましたが、ブログは大変ですがひたすらに楽しいです。

楽しさを感じて、ブログで稼いでみてくださいね。

 

 


 

無料LINE@

週1回起業資料が届く
1対1トークで相談できます

(無料・いつでも解除できます)


※LINEの友達検索から<@din3803o>で登録できます。
”@”は必ずお付け下さい。

 

ブログ内コンテンツ一覧


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください