少しでも早く売れたいなら「きちんと」パクろう

 

こんにちは、まゆです。

 

 

売れる人って、何がすごいかっていうと、

パクりの天才だと思うんですよね。

 

同じ「〇〇さんから学んだ」塾生でも、

いつのまにか雲泥の差が開いている。

 

その違いって、「きちんと」パクれるかどうかなんですよ。

 

 

 

そこで、今回は、

「きちんと」パクるコツについて、

今すぐ改善できることをお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「きちんと」パクるとは?

 

 

ビジネスをしていると、

「素直な人は売れる」「素直な人は成功する」

なんて言われます。まさに、その通りですね。

 

 

素直とは、言われたことを、受け入れること。

素直な人は、のびしろがある。すぐに成長していきます。

 

 

人から聞いたことを、自分の解釈ではなくそのまま受け入れて、

素直に行動すること

 

それが、「きちんと」パクる です。

 

中途半端なパクりは、ただのオリジナル

 

 

私がコンサルを受けていた頃の話です。

 

私は、本を読んだりして勉強するのが好きなこと、

すぐ行動に移したいこと、

この2つが重なって、自分よがりな行動をしてしまっていました。

 

 

「〇〇してね」と言われて、

 

〇〇する前に、これもした方がいい「だろう」

〇〇よりも、こうした方がいい「だろう」

〇〇のこれは、省いていい「だろう」

早く提出した方がいい「だろう」

 

勝手にこうやって、付け足し・省略をしていたんですね。

 

もちろん、悪気はありません。

わからないが故に、周り道をしていたんです。

 

 

 

付け足し・省略したものは、

パクりではなく、オリジナルになります。

 

売れたこともない人が、オリジナルで勝負をすると

どうなるかは、目に見えていますよね・・・。

 

 

今の場所にたどり着くまでに、すごく時間がかかったのは、

 

自分が勝手にしていた周り道のせいだったんです。

パクりきれてなかったんです。

 

徹底的にパクると要素が見える

 

 

実は、コンサルを受けるのを辞めてから、

ある方の方法を分析しまくりました。

(1人じゃないですが。)

 

 

なぜこのタイトルをつけたのか、

なぜこの書き方なのか、

なぜここにメルマガを配置しているのか、

なぜこの画像を使っているのか、

 

など、気持ち悪いくらい、分析しまくりました。

 

ビジネスモデルというか、集客の導線なども

いろいろな媒体の分析をして書き出しました。

 

とにかく、「丸パクリしよう」くらいの気持ちで分析しました。

 

 

そうすると、

タイトルには数字を使う、ブランディングをする、導線の持っていき方など、

表面のことしか見えていませんでしたが、

 

 

徹底的に分析したら、

・感情を高めて、緩めるから、ここでこんな言葉を使っているのか

・画像で惹きつけて、後でオチが来るのね!

・ここに配置すると、クリックしやすいわ

など、理由や要素まで見えるようになりました。

 

理由や要素が見えると、

自分にも応用することができるんですよね。

 

 

それが、今の私を作っています。

 

まだ、「すごい」ってほどは稼げていませんが、

生活に必要なお金と、

人から感謝してもらうことが増えました。

 

 

一度でいいから「きちんと」パクってみて

 

徹底的に分析した結果、

理由や要素まで見えました。

 

それは、「きちんと」パクれたということです。

 

 

人からビジネスを習う人に伝えたい。

素直に聞こう。素直にパクろう。

 

 

最初は、表面上のことしかわからないんですよ。

要素まで見えるなら、コンサル受けなくていいもんね。

 

それでいいから、とにかく素直に、

付け足したり、省略したりしないで、素直にやってみて。

 

 

きっと、今より早く成長できるから。

 

まとめ

 

 

成長するためのポイント

*付け足したり、省略したりすることなく、パクる

 

 

これだけで、少しでも早く成長することができます。

オリジナルは、一番ダメよ。

 

 


 

無料LINE@

週1回起業資料が届く
1対1トークで相談できます

(無料・いつでも解除できます)


※LINEの友達検索から<@din3803o>で登録できます。
”@”は必ずお付け下さい。

 

ブログ内コンテンツ一覧


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください