フリーランス超初期にオススメ3冊

Pocket

 

こんにちは、まゆです。

 

 

フリーランスになると決めた時、

最初は何をしていいかわかりませんでした。

 

 

ブログより最初に読んだ本、

 

その中でも、今でも読み返すくらい大事にしている3冊を紹介します。

 

 

フリーランス初期にオススメ3冊

 

 

可愛いままで年収1000万円(著:宮本佳実)

 

 

(↑詳細は画像をクリック)

 

この本で初めて、個人起業という言葉も存在も知りました。

 

 

宮本さんが、どんな理念で起業しているのか、

どんな過程があって起業したのか、

 

男性と違って、結婚や女性同士のギスギスなどが多い女性社会。

そういったことも書かれていて、

女性なら、共感できる部分が多い本です。

 

 

 

特に起業のノウハウが書いてあるわけではありませんが

 

ワークに従って、自分のやりたいことを見つけていくと、

どうなりたいかが明確になります。

 

 

 

「どんな風になりたくて起業したんだっけ?」

 

と、ふり返りたい時に読み返す一冊です。

 

 

 

ひとりビジネスの教科書(著:佐藤伝)

 

 

(↑詳細は画像をクリック)

 

商品の作り方やビジネスとは、といったことが

わかりやすく具体的に書かれています。

 

 

商品って何?

何を売ったらいいの?

どうやってお金を稼ぐの?

 

こんな問題が解決します。

 

 

 

この本に沿って考えていけば、基礎ができます。

 

フリーランスになる!と決めたら、一番最初に読む

超・基礎の本です。

 

 

 

図解 知識ゼロからはじめる起業の本(監修:中野裕哲)

 

 

(↑詳細は画像をクリック)

 

 

書類や法律関係はこの本を読んで勉強しました。

 

 

青色申告や、起業に必要な資格、法律上決められていること、

など、絶対に知っておかなければいけないことが詳しく書かれています。

 

 

また、資金や方向性の決め方など、

なかなか表に出てこないことも書かれています。

 

 

「何も知らずに法律違反していた・・・」

 

を防ぐために、この本はかなりオススメです。

 

 

 

まとめ

 

 

最初に読んだ本は、

 

内容よりも、頭に入ってくるかどうかを意識して本を選んでいました。

 

 

何も知らない状態だったので、

まずは「起業とは何か」「起業に必要な知識は」

といったことを重点的に調べていました。

 

 

 

起業する予定がない人も、

 

「知らない世界を知る」という点ではこういう本を読むのはオススメです!

 

 

 

では。

 


 

無料LINE@

週1回起業資料が届く
1対1トークで相談できます

(無料・いつでも解除できます)


※LINEの友達検索から<@din3803o>で登録できます。
”@”は必ずお付け下さい。

 

ブログ内コンテンツ一覧


 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください