「私らしく」をはき違えているコンサル

 

こんにちは、まゆです。

 

 

 

「私らしく」とか「自分らしく」とか

 

流行ってますよね。

 

 

 

私らしくいられる環境って大事だと思いますし、推奨してもいます。

 

 

ただ、「私らしい」をはき違えている人が相当数いるので、

 

ちょっと苦言を。

 

 

 

 

「私らしく」と「自己中」を間違えてない?

 

 

 

「私らしく」っていうのは、

 

周りの目を気にしたり、自分の軸がブレたりせずに、

 

自分の意思で生きていく

 

ということです。

 

 

 

決して、

 

自分のやりたいことを、やりたいようにしていくことではありません。

 

 

 

 

 

 

同じ、「周りの目を気にしない」ですが、

 

 

 

「私らしく」は、他人からどう見られるかではなく、

自分がどう思うか。

 

 

一方、「自分のやりたいことを、やりたいようにしていくこと」は、

他人の迷惑を考えず、行動すること。

 

 

 

 

 

他人から言われることに左右されないけれど、

 

相手を思いやる気持ちは持っているべき。

 

 

 

 

相手を思いやれないのは、ただの「自己中」です。

 

私らしくもなんともない。自己中です。

(大事なので2回言いました。笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

自分の意見はブレない

 

 

ただの自己中、わがままの場合、

 

ブレます。

 

 

 

 

「今これしたい!」

 

と思うことって、変わっていきますよね。

 

 

 

嫌なことがあったから仕事辞めたい。

 

ちょっと疲れたから仕事より遊びたい。

 

つらい状況から逃げるために旅したい。

 

 

 

自分の気持ちを優先すると、ブレていきます。

 

周りを気にしないんじゃなく、

自分の気持ちだけを考えている自己中だからです。

 

 

 

 

一方、「私らしく」自分の意見を持っている人は、

 

ブレません。

 

 

 

自分の意見は自分の意見として持っていて、

 

周りが変わっても変わらない。

 

 

 

意見は、よっぽど納得できる理由がない限り、

 

変わることはありません。

 

 

ちゃんと今まで生きてきた経験と知識に基づいたものが

 

自分の意見だから。

 

 

 

 

「私らしく」生きていくためにできることは

 

 

自己中ではなく、

 

私らしく生きていくためには、

 

 

相手を思いやる気持ちは忘れないこと。

 

 

 

 

 

自分の気持ちだけを考えているから、自己中になる。

 

 

 

「相手のためになるにはどうしたらいいか?」

 

を常に考えることが、自己中にならないための方法です。

 

 

 

 

 

特に、私のようにコンサルをしている人は、

 

お客様が何を求めているか、

どんな情報を提供したらお客様のためになるか、

お客様が不安に思うことはないか、

 

 

そういったことを考える必要があります。

 

 

 

 

自己中なコンサルは、

 

ブログは書きたいことを好きに書こう!

気分がノらないから自分で調べてもらおう。

今日は遊びたいから返信後でいいや〜。

 

 

こんな感じです。

 

 

 

コンサルするのに、相手目線は必要ですから。

 

周りの意見は気にしなくていいけど、相手を思いやる気持ちは必要です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

「自己中」と「私らしい」は、紙一重です。

 

少し見解が違うだけで、

 

私らしく生きることが、自己中になってしまう。

 

 

 

相手を思いやる気持ちは忘れていないか?

 

自分の気持ちだけに沿って行動していないか?

 

 

 

自分を振り返ってみるといいですね。

 

 

では。

 


 

無料LINE@

週1回起業資料が届く
1対1トークで相談できます

(無料・いつでも解除できます)


※LINEの友達検索から<@din3803o>で登録できます。
”@”は必ずお付け下さい。

 

ブログ内コンテンツ一覧


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください