どうやってコンサルをしているか聞かれたので答える

Pocket

こんにちは、まゆです。

 

「どうやってコンサルしていますか?」と聞かれることが多いのですが、
人によって全く内容や対応、方法を変えています。

何が正解かは、正直わからないんです。

 

「これをやったら、こうなるかな?」
「このジャンルなら、これをすると反応がありそう」

社会情勢や環境、その人の性格など、様々な要因からある程度予測することはできても、

これをやれば100%上手くいく!というものはありません。

 

やってみて、分析。

やってみて、分析。

平均半年〜1年間かけて、いろいろと試行錯誤する中で見つけていく感じです。

 

 

でも、それは
クライアントさんが動いてくれて、はじめて成立するもの。

一緒に決めたとしても、動いてもらえなければ、コンサルは何もできません。
私が代わりにやるわけではないので、どうしようもありません。

 

成功する確率がなるべく高いものを、いくつか提案し、それをやってもらうしかありません。

特に、最近の傾向として、機械的に定型文みたいなビジネスはウケないので、人間性や考え方・生活などを見せる必要があります。

 

 

 

すると、より考えを伝えていく必要があります。

私が代行できるのは、あくまで定型文の部分のみ。

何を考えていて、どうやってやっていきたいのか、人間味を出していくには、クライアントさんがやるしかないのです。

 

 

伝え方や方法は試行錯誤していますが、どうしても言ったことに対して「反発・無視・行動しない」となると、お手上げ。

コンサルは、あくまで経営のアドバイザー。
「あなた」の代わりではないのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください