上手く行っている人とそうでない人の違いは、「当たり前の基準」です。

 

頭がいい子がテスト前に言っていた「全然勉強してないわ〜」
美人な子が言っている「何もしてないよ〜」
起業して稼げている人が言っている「つらいことはしてないよ〜」

 

これらは、すべて当たり前の基準が高いから上手く行っているのです。

 

 

頭のいい子というのは、授業中は集中してその間に理解してしまっていたり、
小学生の間から宿題をきちんとやってきている子がほとんどです。
テスト前の何時間かをしていなかったとしても、今までの十何年の積み重ねがあるのです。
または、1,2時間では全然勉強したうちに入らないという人もいるでしょう。

 

美人な子が言っている「何もしてないよ〜」というのは、
メイクをするのは当たり前、美容室に月1回行くのは当たり前、全身脱毛は当たり前、姿勢がいいのは当たり前、体に良い食べ物を食べるのは当たり前、になっているからです。
特別なお手入れをするのではなく、日常のあらゆる場面で美容に無意識に気をつけているのです。

 

同じように、起業でお金を稼げている人というのは、
自分の思いを毎日発信することが当たり前なのです。
やりたいことがビジネスに関すること。
もしくは、ビジネス自体がやりたいことなのです。

 

そもそも、当たり前にできることができていない人とは違うのです。

 

 

ブログを書くのがつらい、
写真を撮るのもつらい、
考えるのもつらい、
競合を調べることもつらい・・・

 

こんな状態では、やりたいことだけで食べていくのはつらいですよね。
当たり前の基準を高めていくことで、
徐々にやりたいことだけをやってお金が稼げるようになるのです。

 

どうしても無理なものは、外注したり、人に任せたりすればいいと思いますが、
最初からやりたいことだけやってお金がほしい!というのは、
寝ているだけでお金が稼げるようになる方法が知りたい、というのと同じなのではないでしょうか?

 

寝ていてもお金が稼げるようになるためには、それまでの土台が必要ですし、
そこにたどり着くまでにもそれ相応の努力が必要です。