⑤で決めたターゲット表の「よく使うSNS」「よく見る雑誌」を改めて考えよう。

 

それから、さらにどんな使い方をしているかをよく考える。

 

例)

ツイッターは鍵垢で仲の良い友達とコミュニケーションを取るために使用しているが、インスタは情報集めのために使っている。

この場合、ツイッターを使うよりインスタを使った方が、これからやるビジネスを見つけてもらいやすいことがわかる。

 

 

ツールによって、使われ方が違うことが多いので、どんなツールをどんな風につかっているかは、けっこう重要。

 

年齢にもよるけれど、年代が上になると、SNSよりも検索していることが多い。またはアメブロなどに登録しているとか。

 

 

次は、そのSNSを実際に活用するために意識するべきことです。

>>⑧空気を読むことが大事

>>ビジネス10のステップに戻る