好きなことで起業しましょう!

と言われていますが、

なぜ好きなことで起業するのがいいのか。

 

教員採用試験に向けて勉強したことの中で、「外発的動機付け」「内発的動機付け」という言葉がありました。

 

外発的動機付け・・・外からやる気にさせること。ご褒美をあげるとか。

内発的動機付け・・・興味関心など、自分の中からやる気があふれること。

 

教育界では、「もっと知りたい」「楽しいから、もっとやりたい」といった内発的動機付けの方が良いとされています。

だから、教員は内発的動機付けにできるようにしていきましょうね、っていう話だったと思います。

(実際は、ご褒美でやる気になっていくうちに、やりたいと思えることもあるので、一概にどちらがいいとは言えないですけどね。)

 

 

話を戻して、

「好き」なことで起業をすること

=内発的動機付け

になりやすいのです。

 

「もっと知りたい」と思っていることを仕事にすれば、勝手に情報を収集し、勝手に知識を深め、勝手に質の良いものになっていく・・・

 

だから、

「好きなことで起業をしましょう」

と言われているのです。

 

 

では、本題の好きなことの見つけ方

 

①よく検索していることは?

②よく読んでいる本は?

③好きだった教科は?(もしくは嫌いだった教科)

④小さい時にどんな遊びをしていた?

⑤今までで一番時間とお金を使ってきたことは?

 

この質問に答えること。

 

先ほども書いたように、

「もっと知りたい」と思っていることを仕事にすれば、勝手に情報を収集し、勝手に知識を深め、勝手に質の良いものになっていく

のです。

 

よく検索していること、よく手にとっている本、というのは、あなたの興味関心のあらわれ。

 

また、小さい頃は自分の好きに忠実に従っていることが多いので、参考になりやすいです。

(私も、計画を立てるのが好きなのですが、小学校の頃から一輪車の練習計画を立てていました笑)

 

 

 

20年、30年、40年…とずーっと心の声を無視して生きてきたら、すぐには見つからなくて当然です。

少しずつ、何度も自分に問い続けるうちに見つかっていくものだと思います。

 

 

見つかるまでは、「得意」を生かしてビジネスすることをオススメします!

>>得意を見つける方法に戻る