ビジネスを成功させるには、自分の得意を知ることから。

よく「好きを仕事に♡」という方法も言われていますが、「好き」だけではダメで。

 

例えば、ドラえもんの「ジャイアン」みたいな音痴の人が歌手になっても、誰も聞きたくないでしょ?

どれだけ歌が好きでも、それが「得意」じゃなかったら売れません。

 

手作り作家さんとかもそう。

私の友達で、裁縫が好きで自分の子どものカバンとかおむつポーチとか作っている子がいるんですが、お世辞にも上手とは言えない…

線はガタガタだし、なんならポーチの蓋が閉まらない笑。

それでも、その子は裁縫が好きだから作って、自分の好きな柄で作っている。

それは趣味だから、好きなように、好きなものを作って、好きなように使ったらいいんです。

 

>>とはいえ、「好き」も大事。好きの見つけ方はこちらから

 

 

けれど、ビジネスはそうも行きません。

最初に書いたように、

ビジネスは「価値と価値の交換」

 

相手が価値を見出せなければ、何も返ってきません。

=お金が入ってこない

=ビジネスが成り立たない

 

だからこそ、「得意」を見つけるのです。

得意なものには、価値を見出しやすい。

 

 

以下、得意を見つけるワークです。

特に人に聞くのは必須!というくらいオススメなので、ぜひやってみてくださいね。

 

各質問にできる限りたくさん答えてください。

①自分の人生の中で、「あれ?あなたできないの?」「簡単にできるのに、周りができていないのはなぜ?」と思ったことや、自然とできることを書き出す。

例:誰かのために料理を作ること、部屋をきれいに保つこと、自分の気分に合わせてメイクすること、毎日日記を書くこと、

 

②幼い頃から、なぜかできてしまうことを書き出す。

例:計画を立てること、折り紙でイメージしたものを作ること、見様見真似でダンスをすること、記憶すること、

 

③知り合い5人以上(できたら20人)に、あなたの得意なことは何だと思うか客観的な意見を聞く。←オススメ

 

 

最初はなかなか思い浮かばないかもしれませんが、無理矢理にでも書き出していくうちに、どんどん過去の記憶が呼び起こされて、出てきます。もしくは、③客観的な意見を聞くことで、自分のことがよく見えてきます。

大変かもしれませんが、この作業は必須です!自分のことを知らない人は、他の人のことを知ることはできません。=ビジネスをすることはできません。

 

ビジネスは、価値と価値の交換。

自分のことをまず知って、価値を提供できるものを知りましょう!

 

>>次は、②ニーズを知ること

>>ビジネス10のステップに戻る