売れない人は、自己中な人が多いです。ほんと自分のことしか考えていない人ばかり。

「自分が」疲れたからブログ書かない。(人の目に止まらない)

「自分が」変えてあげたいから売りつける。(迷惑)

「自分が」発信したいから発信する。(全然面白くない)

「自分が」稼ぎたいから稼げる方法を考える。(空想だから実際は売れない)

 

元々人の気持ちを読むのが得意な方や、人の目を極端に気にして生きてきた方は、「自分が」と考えていても相手のことを優先できるので稼げることもありますが、直感で生きているような方・感情で動く・感情に振り回される、といった方はまず稼ぐのは難しいですね。

 

そもそもビジネスとは、価値の交換

たくさん与えた結果が、お金として一部返ってくるものなのです。

 

与えるとは、ノウハウを提供して「為になった」と思わせる・相談に乗って悩みを解消してあげる・ブログやライブ配信等で気持ちを代弁してあげる・ワークを提供してあげるなど、驚き・うれしい・ありがとう・楽しいなどの感情を提供してあげること。

 

 

「自分が」という自己中な方の多くは、この「与える」をせずにお金をもらおうとするのです。

 

例:自分の発信したいことを発信したいように発信して、なんで毎日ブログ書いてるのにお客さん来ないの???って悩む

→発信したい気持ちはすごく良いのですが、「毎日ブログを書く」という行為が目的になってしまって、本来の「人のためになることを伝える」という目的がかなりおざなり。

「幸せになろうよ!幸せになるには、楽しいって感じることが大事なんだよ」的な文章を見ても、「ふーん」で終わります。「ふーん」では与えたことになりません。

与えるとは、驚き・うれしい・ありがとう・楽しいなどの感情を提供してあげることです。簡単にできる方法としては、超具体的に書いてあげること。

 

 

「幸せになろうよ!幸せになるには、楽しいって感じることが大事なんだよ」を書き換えてみます↓

幸せになるには、人の目を気にして会社でビクビク過ごす毎日を手放すこと。

幸せになるっていうのは、”自分が”どうやって世界を見るかだけ。”自分が”今何をしたいのか?今何がほしいのか?何を食べたいのか?をしっかり感じてあげて、それをしてあげること♡ちゃんと”自分が”したいことをさせてあげると、「楽しい」って思うはず。

この「楽しい」っていう感情を感じ続けていくと、自分に自信がつくし満足できるし、不幸を見ている暇すらなくなっていく!だから結果として幸せになるのです。

 

どうですか?

最初の文章では「ふーん」だったのが、「そうなんだ!」とか「今何をしたいのか書き出してみよう♡ワクワク」みたいに少し変わったはず。

 

 

そして、こうやって文章を作る時(動画や音声、写真でも同じです!)、どうやって作るかというと「読んでくれる人がどう思うかな?」という視点で書くのです。

 

「幸せになろうよ!幸せになるには、楽しいって感じることが大事なんだよ」

→幸せってどんな行動をするかわからないかな?伝えてあげよう

→なぜ楽しいと感じるといいのかわからないかな?説明してあげよう

→具体例があると行動しやすいかな?書いてみよう

 

みたいに、相手の気持ちになって書くのです。これが「与える」こと。

 

これは、今まで自己中に生きてきた方(人間は元々自己中ですからね)は、最初は辛いと思います。

 

自分のことだけを考えて適当に書いていたものを、人のことも考えるんだから2倍、3倍と時間がかかるかもしれない。書けなくて立ち止まるかもしれない。

けれど、筋トレと同じで、続ければ続けるだけできるようになっていきます。だから途中でやめないで。それも自己中をやめるトレーニングの1つ。まずは辛くても3ヶ月は続けてみましょう。話はそれからです。